萩往還マラニック250km完踏記~その3~

ウィンドブレーカーを羽織ったものの、走り始めると暑くて、すぐに脱ぐことになる。俵山温泉街に向けて下り基調。下りは好きだけど、先はまだまだ長いので、足に負担をかけないようにそろそろと走る。

エイド6、俵山温泉。67.1km。3日2時45分。
手前に飲み物が並んでいて、建物内に食べ物が置いてあった。疲れてきていたので、ここでジェルを1つ投入。置いてあったおまんじゅうを1つポケットに入れて出発。

キツい上り。砂利ヶ峠。ゆっくりゆっくり走って上る。歩いてるのと同じぐらいのスピードだけど、わたしの上りの歩きはめちゃめちゃ遅いので、これでいいのだ。歩きも混ぜながら、着実に前に進む。上り切ったら下る。下りはやっぱり、そろそろと走る。それでも、だんなさんを置き去りにしてしまう。下ったところに私設エイド。こんな真夜中にありがたい。真っ暗な中を走ってると、明かりが見えるとホッとする。ここで、だんなさんを待って、また一緒に走る。

遠くに明かりが見えてくる。

エイド7、新大坊。80.1km。3日4時30分。
湯豆腐エイド。疲れた体に染み渡る~。
おいしかった。
椅子に座って、ゆっくりいただく。
机の上に置いてあるシュークリームやちっちゃなドーナツもいただく。
だんなさんはだいぶ足にきてるようで、マットに寝転んでストレッチ。

まだまだ80km。
少しずつ夜が明け始めた。
油谷大橋。3日5時。

曇ってるようで、朝焼けは見られずで残念。

このあたりのどこかで野犬に遭遇。
野犬に注意と言われていたので、覚悟はしていたけど、やっぱり怖かった。まだ暗かったので、目だけが光る野犬。怖すぎた。襲ってくることはなく、走り去っていったけれど。

急激にだんなさんのペースが落ちる。
後ろを振り返りながら走った。
間に男の人が1人いたので、あまり振り返っていたらおかしいかなと『あれ、だんななんです』と話しかけておいた。

エイド8、海湧食堂。87.2km。
だんなさんを待たずに中へ入る。そのうち来るだろうと。食券を渡しておかゆとスープをいただく。昆布と梅干しを乗せておかゆを食べる。毎年、ここは牛丼だったようだけど、選手のことを考えておかゆにして下さったそう。おかゆかごはんかは選べた。先に食べ始めたけれど、だんなさんは現われず。この先のCP2、旧油谷中学校に向かったものと思われる。CP2はすぐそこで、荷物を預けているところ。先に食べるか後で食べるかは自由。先に食べようねと言っていたのだけど。

CP2、旧油谷中学校。3日6時。
ここで、だんなさんと会う。
わたしが荷物を受け取る時に、だんなさんは荷物を返すところだったので、海湧食堂で合流することにした。
荷物を受け取り、ジェルとサプリの補給。
着替えも預けていたけれど、そのまま荷物を返す。
すっかり明るくなったので、ヘッドランプをザックに詰めたりと荷物の整理、トイレも済まし、再び海湧食堂へ。ちょうど食べ終わっただんなさんと合流。再び、一緒に走り出す。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆき

Author:ゆき
いつのまにかランは生活の一部。
ずっと目標にしてた3時間15分を2015年別府大分毎日マラソンで達成。3時間14分51秒。
トライアスロンは、2013年石垣島にてレースデビュー。
トライアスロンの魅力にどっぷりはまる。
自分の限界を知るべく、走って泳いで漕ぐ、そんな日々継続中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR